宮城県ケアマネジャー協会 大崎支部のページ

宮城県ケアマネジャー協会大崎支部と称し、対象市町村は次のとおり。 大崎市、加美町、色麻町、美里町、涌谷町、各地区内で勤務若しくは居住する介護支援専門員の自己研鑽・資質の向上、ネットワークの確立、職業倫理の向上を図ることを目的とします。

宮城県ケアマネジャー協会大崎支部のページです。 介護支援専門員へ情報の発信をします。

コロナ対策で日々緊張する中の利用者支援、お疲れさまです。宮城県ケアマネジャー協会より、アルコール消毒液の配布のお知らせです。

対象:宮城県ケアマネジャー協会会員・居宅介護支援事業所で勤務するケアマネジャー

一人:100cc程度  (携帯用スプレー容器、瓶等ご持参ください。)

費用:無料

 

小規模な法人、事業所を優先とさせていただきます。規模の大きな法人ではない事業所の場合など、手に入れることが難しくなっているのかもしれません。
入手が困難で安全性が確保されず十分な支援の遂行が困難なことの無いようにとの配慮です。皆さんのご理解とご協力をお願い致します。

 

希望者は下記大崎支部事務局へE-mailまたはFAXにて、

①法人名、居宅介護支援事業所名 
②氏名(会員番号) 
③電話番号、FAX番号 
を記載の上お申込みください。申込み後、折り返し連絡させていただきます。

宮城県ケアマネジャー協会大崎支部事務局 佐々木美由紀(アシストわくや)

E-mail assist.wakuya@gmail.com

FAX  :0229-25-4461

令和2年4月17日(金)、宮城県北部保健福祉事務所高齢者支援班へ大崎支部吉村支部長が出向き、ケアマネジャー協会の動き、情報提供・課題について説明してきました。

お会いしたのが、班長浅野氏・武田氏です。
北部保健福祉事務所としても、疾病対策班と高齢者支援班のみならず、各班が横断的に新型コロナウィルス対策で動いているようです。

課題は山積みのようですが、ケアマネジャー協会の動きも危機感も理解してくれました。
県の動きなど、介護事業所に伝達事項等あれば、随時情報提供してくれるとのことでした。

高齢者支援課題イメージ(コロナ関連)


宮城県ケアマネジャー協会大崎支部では、現場のケアマネジャーの皆さんが、そして高齢者が安心感が持てるよう、地域でも横断的にパイプを巡らせ、連携を強化していきます。

右側「こちらもチェック」をご確認ください(PC用画面のみ)。
新型コロナウイルス関連をまとめました。

要介護高齢者支援における不安を抱えながら日々奮闘していることと思います。
ケアマネジャーとして、要介護高齢者支援の問題を明らかにして対応するため、
是非ご覧いただき周知の方宜しくお願いします。

要介護高齢者支援におけるコロナ対応

既に報道されております通り、大崎市民病院の医師が新型コロナウイルスに感染していました。このことにより、どれだけ感染が拡大するのか心配なところです。

宮城県ケアマネジャー協会大崎支部としては、当面予定していました活動、勉強会、世話役会などを自粛します。

今後支部として出来る活動や支援などありましたら積極的に関わっていきますので、何かありましたら情報をお寄せください。

また、再開できるときは改めて情報をアップしていきます。

厚労省介護保険情報の最新情報等をご参照の上、ケアマネジャーの日々の業務には細心の注意を払いながらの高齢者支援および皆様の健康とコロナウイルス感染の終息を祈っております。

3月12日(木)に予定しておりました「大崎・事例を使った勉強会」は
新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、中止させていただくことになりました。

参加申し込みをしていただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたします
こと、深くお詫び申し上げます。
何卒ご容赦を賜りますようお願いいたします。

令和2年1月10日(金)14:00~17:00大崎合同庁舎にて、
「当たり前の権利、当たり前の生活から利用者支援を考える」と題し、関わり方や支援のあり方について研修会を開催します。講師はケアマネジャー協会事務局長 小湊 純一 氏です。施設ケアのあり方を切り口とした内容とはなっておりますが、在宅系のケアにおいても十分通じる内容となっております。
所属や資格に関係なく、多くの方々のご参加をお待ちしております。
申し込み用紙はこちら

台風19号の予想以上の被害と影響で延期となっておりました、「権利擁護・成年後見について」の研修会を、令和元年11月19日(火)18:00~大崎合同庁舎大会議室にて開催いたします。※当初の予定から講師は変更になりました。

今回は、仙台弁護士会から、大泉力也 氏をお招きし、高齢者等へ実際に支援している弁護士活動の生の話もふまえ、成年後見制度をわかりやすくご教示いただけるよう企画しました。
権利擁護・成年後見に興味のある方々、ケアマネジャーに限らず、介護職員、一般市民の方々等、是非ご参加お待ちしております。

「権利擁護・成年後見制度について研修」申し込みはこちら

10月の「事例を使った勉強会」はケアマネジャーとしての関わりを学びました。
令和元年11月14日の事例を使った勉強会は、

10月の事例を使用し、ケアプラン点検を行うことにしました。

同じ事例を用い、アセスメント、課題分析からケアプランまでを根拠をもって説明できるかの確認を行います。

実は...大崎支部では初めての試みです。根拠をもったアセスメント、ケアプラン作成できていますか?今一度確認する機会です。ふるってご参加ください。

このページのトップヘ